しゃーみ

産後、ダンナちゃんは起業。ムスコくんは大食漢。私は体形戻しと移住計画と懸賞生活に。

ムスコくん、生まれる

出産予定日より、2週間早く生まれたムスコくん。

 

予定日の1か月くらい前、お義母さんにも『彼はもう出てくる準備してるわよ』と言われたころ、ちょうどお腹が下がり始めた。

 

ムスコくん誕生のお知らせは、陣痛無しの破水スタート。

 

朝方、【トイレに行きたい】と思って起きたら、びっしゃびしゃに濡れていて、『まさか漏らした!?』と思ったものの尿のにおい無し。破水だった。

 

横で寝てるダンナちゃんを起こして、病院に連絡して入院セットを持って出発!

いよいよ、ムスコくんに会える!

 

病院で検査をして、破水と断定され陣痛室で(子宮口をやわらかくする薬も処方される)陣痛を待つ・・・。

 

陣痛っていうか、生理痛レベルだな・・・、

楽勝かも・・・。

なんて思ってた。

 

翌日、点滴で陣痛促進剤を入れる。

陣痛が強制的に始まるんだよね、促進剤。

痛い。

痛い!

痛い!!

めっちゃ痛いし、30秒から1分間間隔で(薬なしで耐えられるぎりぎりの痛さ。ってことは、薬飲まないと痛くて辛い!知ってる腹痛のMAX)生理痛の3倍くらいの痛さ。

数値化されてるって便利だなぁ。

と、冷静に見つつも痛みに耐える。

陣痛の合間に意識が飛びそうになる。

私の体力がやばい。

 

この時のムスコくん、お義母さんと話をしていたらしく・・・。

『陣痛の起こし方忘れた(´・ω・`)』

 

おいおいおい!!!|д゚)

 

お義母さんに『神様に聞いておいで!』

と言われて、ムスコくんが選んだ方法が帝王切開だった。

 

私自身が、意識飛びそうになってる自分はやばいなって思ったことと、陣痛促進剤が効きすぎて私自身の陣痛のペースとあってないので、このままでは少し危険らしいこと、子宮口が思ってたより開いてないこと、ムスコくんのへその緒がムスコくんの頭の横に入ってしまってる(私が横を向くと、心音が下がってしまう)

以上のことから、ダンナちゃんに相談。

ダンナちゃんは、これじゃなきゃダメというのはない人なので、快く帝王切開OK。

 

手術室待ちで帝王切開へ。

 

手術室に入って、背中に麻酔。

 

麻酔が効いたところで、帝王切開スタート。

 

ムスコくん、無事誕生(Happy Birthdayの曲がBGMで流れる)。

私の処置が始まる。

病室に戻る。

 

先生や助産師さんに言われたこと。

「どちらにしても緊急帝王切開になっていたと思います。あのタイミングで帝王切開を選択して正解だったかもしれません。胎盤も疲れてたし。まだあと2人は産めますよ^^」

「へその緒いる?今回の処置で、先生が少し長めに切ってくれてて。あなたのお子さんのへその緒、通常の2倍くらいあるのよ( *´艸`)すごいよ~!」

と(笑)

帝王切開が最良の選択、となって、

へその緒は助産師さんが持ってきてくれるほどでかかった(まさに焼肉のホルモン(笑))。

 

普通なら、お腹についてるへその緒が外れるのを待つのに・・・我が家では、お腹からとれたへその緒と、手術の際に多めにとれたへその緒の両方があります(笑)

 

ムスコくんが大きくなったらみせてあげよ♪