読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コドモが生まれたら、ダンナちゃんが仕事辞めました。

産後、思うようにいかないことだらけで、ダンナちゃんは在宅ワーカーに戻りました。収入?サラリーマン時代と変わりません。懸賞生活と妊娠前の体形に戻したし!

ネガティブテロ・エピソードぜろ

事の発端は2016年元日。

ネガティブ君が、気に入ってる女の子との初おデート(2人だけでのお出かけの意味ね)。

ネガティブ君も女の子も台北に住んでいないから、2人で動物園に行くことに。

私と彼は面白がって&ネガティブ君の性格が奥手なのも知ってたので「こくっちゃえよ~」「チューでもしてこい(笑)」ってなことを言ったりして3人で話してたの。
 
さて、デート当日。

眠いから私と彼は意識はあったけどベッドから起き上がらず。
ネガティブ君は支度に忙しい、前日の夜遅くなりすぎてシャワー浴びられなかっただけなんだけどね。
そして香水も。うん、日本のおしゃれ男子だ。
「シュ、シュシュシュ。シュシュシュシュシュ」

?!?!?!?!?!
多くね?!
そう約10プッシュ。
ネガティブ君が出かけても部屋の中はネガティブ君の香りでいっぱい。

その約2時間後、ネガティブ君から共通ラインにメッセージが来た。
「やっと出かけられるー」

時すでに12時半・・・というか13時頃。
約束の時間は10時半。

なんで?
女の子は、知り合いの家にお泊りしてるんだけど、その知り合いの方の仕事が、新聞系で早朝終わるらしく、朝起こすのかわいそうで家を出られないとのこと。

【?????????】←私と彼の頭の中。
それは置いておいて。

なんとか、動物園デートを開始して、2ショットも撮ってもらって(自分たちで撮れよって思ったけどねwww)帰り。

ネガティブ君曰くいい感じだと何かを掴んだらしく「付き合ってみない?」って告ったら「今は、彼氏いらないかな?一人が楽しい」って返されたらしい。

そのまま、彼女を送ってうちに帰ってきたときにはすでに重い空気。
 
とりあえず、事の詳細を聞き、ダメ出しと改善点の提案にうつった。

最終的にネガティブ君が言ったのは「おぐさんとらんさんがいけって言ったじゃん!」の笑いながらのプチ切れ(笑)

私たちの意味は、冷やかし半分、相手の感触を探ってから行動に移れの意味半分。
いやまぁ、大人なら誰でもわかるであろう。私がネガティブ君と同じ年のころはこんな恋愛初心者ではなかった。
って、ことで、重い空気に耐えられなくなった私は、バラエティ番組の動画を見つけることに成功。

夕食とビール(12%)をしっかり買って、3人で見始める。
それでも空気は重い(振られたばかりだから仕方ない)。

次第に私は疲れとネガティブな空気に耐えきれなくなり、彼の足を借りて膝枕でうたた寝。彼も動けないし、ネガティブな空気にやられて次第にうたた寝。

こんな感じでネガティブ・テロは幕を開けた。

翌日(1月2日)は私と彼は、いつもの飲みメンバーのお出かけがあったから出かけたんだけど、朝から甘いものを欲する私の体(笑)プチ長距離バスに乗る前にM&Ms買ったんだけど、1時間くらいのバスの中で2人で完食。遊び場所について観光してる間にも、口数がすくなめな私と彼。ため息(少な目)のオプション付き。

そうネガティブ・テロの余波は、この後1種間くらい私たちの体から抜けませんでした。
辛いものや味の濃いもの欲したり、アルコールが増えたり・・・と。

さぁ、またくるぞ。

~缶~←ビール缶