読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コドモが生まれたら、ダンナちゃんが仕事辞めました。

産後、思うようにいかないことだらけで、ダンナちゃんは在宅ワーカーに戻りました。収入?サラリーマン時代と変わりません。懸賞生活と妊娠前の体形に戻したし!

心が狭い

平和な日常? ( ゚Д゚)

先日の‟あさはか”な彼の後輩。

 

彼女の【盗撮】写真のことがずっと引っかかってて、彼に聞いてみようかと思った。

 

【彼女が盗撮したあなたの写真みた時にイラッとした】

 

って。

でも、これって、ただの‟やきもち”でしょ?

何か心狭いみたいで、言うのも少し気が引けた。

だから、彼に違う聞き方をしてみた。

 

『もし私が心狭くて器小さい事言ったらどうする?』

 

って。

 

『そんな時もあるだろうから、いいんじゃない?』

 

そういわれて初めて、私が彼に同じ質問をされたらどう思うのかを考えた。

きっと、【人それぞれ感じ方が違うんだから、私は気にしない、聞くよ】って。

 

いつも一歩引いて、逆の立場ならどうするか考えることができるのに、この時はできなかった。できないくらい、いっぱいいっぱいだったんだなって、気づいたら我慢する必要なんてないんだってわかった。

 

『あのね、この間彼女がグループトークであなたひとりの写真を送ってきたでしょ?あれ、むかついた。』

 

『君は彼女なんだから、むかついて当たり前でしょ?』

 

素直に言ったら気持ちが軽くなって、どうしてこんな簡単なことができなくなってたんだろう?って思ってしまった。

 

【なんでそんなこというの?】とか【別にいいじゃん、気にしなければ】って反応だったら、たぶん傷ついてたと思うから。

知ってか知らずか、こんな返事してくれた彼。

 

こんな時、‟年下”って思えなくなる。

やっぱり、対等な立場なんだって再確認する。

 

‟鈍感で気づけないから”っていうけど、

私がイライラすることも、傷つくことも、

知ってるみたいに私が言って欲しくないことは言わない。

 

そんな時、私の方が‟幼いかも”って思わされる。

 

心が狭いって感じた私の感情は確かに間違いなく私は心が狭かったんだと思う

でも、彼はそのマイナス思考を肯定せずに聞いてくれてから判断してくれた。

 

 

最近は、本当に‟年上らしく”なくなってきたな・・・。