読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コドモが生まれたら、ダンナちゃんが仕事辞めました。

産後、思うようにいかないことだらけで、ダンナちゃんは在宅ワーカーに戻りました。収入?サラリーマン時代と変わりません。懸賞生活と妊娠前の体形に戻したし!

ダンナちゃんの友達

ダンナちゃんの実家に帰省中のため、

ダンナちゃんの友達もコドモに会いに来てくれてる。

 

ダンナちゃんの仲のいい友達は、

兄弟構成が見事に男だけ!

 

そのせいか、

結婚している友達がほかにはいない。

 

女っ気も少なく、

「出会いがない」ってぼやいてる友達も少なくないみたい。

 

そんな友達の一人にコドモを抱っこしてもらった。

私とコドモにとってのメリットは【人見知りしない子に】ってこと。

友達にとっては、初抱っこだったのかな?

両手で抱えただけで抱っこにならず(笑)

 

それでも、あやすと笑ったり声を発し、

表情がコロコロ変わるのを見て、

「帰る前に、また会いたい」

と、会いに来てくれるみたい。

 

うれしい~!

 

( *´艸`)

 

コドモのことを好きになってくれるだけで、

嬉しいもんだなぁ~!

come on!baby!

私の場合、緊急帝王切開で出産。

 

前期破水で陣痛が始まらず、

促進剤を使用するも促進剤で起こる陣痛の波と

私の体が起こす陣痛の波が合わなくて、私の体の方が参ってた。

子宮口も陣痛の感覚のわりに開かず、

さらに、

へその緒の位置が悪かった。

 

陣痛の波が合わなかった私は、ものすごい激痛にもかかわらず、

波の間に眠れそうなくらいだった。

自分でも、「体力もたない」ってわかったので、ダンナちゃんや先生、助産師さんと相談して帝王切開に。

 

いざ、手術室に入って、切ってみたら、

へその緒が頭の真横にあったり、

へその緒は太い(通常の倍近くあったらしい)し、

胎盤はへとへとに疲れ切ってた、らしい。

手術後、先生や助産師さんに

「あの時、帝王切開を選択してよかったね。あの様子だと、どのみち夜中までに緊急帝王切開になってたよ」

と言われたくらい。

 

コドモちゃんは無事にお腹から出てきて、

保育器に入ることもなく!新生児室へ。

 

手術室からでてきた私に、

「お嫁ちゃん、ありがとう」

って涙を流しながら言ってくれたお義母さんの顔と

言葉の温かみは今でもはっきり覚えてるくらいうれしかった。

 

ダンナちゃんとのコドモを授かれたこと、

このダンナちゃんと家族になれたこと、

いいお義父さんお義母さんができたこと。

 

幸せだなぁ~、と。

 

ね、

にーはお!Baby!!

アガる買い物

コドモが生まれてから、というかその前から、

物欲の少ない私とダンナちゃん。

 

しいて言うなら、

おいしい食事とおいしいお酒にお金をかけるくらいで、

ブランドにこだわりもなく、

好きなものを好きなように購入してる。

「必要な時に買えばいいよね」

って感じ。

 

ダンナちゃんの実家に帰省中に、

お義母さんとダンナちゃんとアウトレットで買い物する機会が。

 

買い物からの帰り道にお義母さんが、

「高いものを身に着けた方がいいから安いから買わないとかじゃなくて、

どんな値段のものでも自分が【これだ♡】って感じたものを買わないとだめね。

実は、バッグを買おうかどうか悩んでたんだ。かわいいけど、安っぽく見えないかな?って。でも、買ってよかった!」

 

私は、

デザインを見る

  ↓

値段を見る

  ↓

考える

  ↓

ほしい場合はダンナちゃんに相談。

 

という具合に購入するまでの道筋がある。

基本的には、安くても自分が気に入ればそれでいい人なんです。

 

お義母さんは、

私が、「かわいいし、そのブラウスとも合いますよ。安っぽく見えないですよ」

と言って、鏡で合わせた姿を見て何かを思い出したみたい。

 

【きゅん♡】とするということは、自分がときめいて欲してるということ、その欲望に従うことが大事な感性を研ぎ澄ますことができるんだって。

 

なので、今日は「こんな高い服・・・」なんて思わずに、

「これに似合う自分になろう!」って服を買ってもらっちゃった♪

 

【好きなの買いなよ】

って言ってくれたダンナちゃん、ありがとう♡

 

#買い物#好きなものを買う#きゅん♡としたものを買うのが大事#安かろう悪かろうではない

年の差婚

「年の差婚って、いつか子供に片方だけ老けてる、なんて言われないのかな?」

 

なんていうのを見かけて、二人で話してみた。

 

結果:そんなもん気にしない。

 

まぁ、子供の立場からじゃないからね。

でも、そんなことより、家族の愛情や仲の良さの方が気になるなって思った。

 

コドモだって、結婚相手を探して決めるときにわかると思うけど、

年の差婚をする本人たちの方が気にしてる、というか気にしてた。

 

年齢差を超える何かがあったから結婚するんだってこと。

 

付き合ってる時からいろいろ言われるんだよ、親だって。

 

でも、年齢差なんて気にしてたら、そもそも一緒にいたいと思わないし、付き合わない。

結婚なんてしない。

そんな小さいことなんだよね。

結婚した当事者(親)にしてみれば。

 

その親の気持ちがわかるとき、

きっとまた一つ親のキモチや人のキモチがわかるようになるんじゃないかな?

、と。

 

すべての人に理解されたいなんて思わない。

そんなの都合いい話だから。

 

でも、家族が幸せで、

その周りにいる人たちが幸せなら、

それでいいと、思う。

 

親のキモチは子供が親になって初めて理解できることがたくさんあるから。

 

#年の差婚#7歳差#家族円満#みんな幸せ#周りの人も幸せ#結婚#年の差

ダンナちゃんの育児

普通に会社に勤めているお父さんなら、育休を取るのは難しいんだろうなぁ~。

 

と私のダンナちゃんは在宅ワーカーなので、育児を一緒にしている。

 

なので、私が疲れてる時や体調がすぐれないとき、爆発しそうなときは、

私の代わりができるほど、なんでもできる。

 

普段からおむつ替えやミルクをあげるのもやってくれるけど、夜中も一緒に起きてやってくれる!

 

ありがたき幸せ。

 

うちの場合、私の両親の家で同居なので、両親の手も借りられるので、

核家族家庭よりも何倍も助けられている。

それでも、【コドモがいると思い通りにいかない】を頭と心と体が理解するまでは、

いっぱいいっぱいになったりする。

 

(´◉◞౪◟◉)

 

思い通りにいかないからこそ、前もって計画を立てて、準備しないといけないんだけどねー。

 

色々な育児ブログを見ていると、

「旦那さんが24時間育児をしてみた」という記事があって、

旦那さんがへとへとになってる。

というのをよく見るけど、実際ほんと。

 

ふっとダンナちゃんが

「この(育児と家事の両方)生活を、ほとんどの奥さんはこなしてるんでしょ?大変だよ。24時間365日休みないし。世の中のお父さんはやってみた方がいいよ。」

 

と。

(/_;)

 

私も、実際に育児をしてみて、自分の母やお義母さんのすごさを理解!

感謝と尊敬!

 

ダンナちゃんはうんちおむつも怖がらず、育児を楽しんでくれてるので、

この人がダンナちゃんでよかったーって、日々感謝。

 

さて、今日も頑張ろ♪

 

#育児#ダンナ#イクメン#お父さん#お父さんも育児に参加#子供のお父さんだから#夫婦で毎日育児#在宅ワーカー#育児は大変#育児は日々発見

 

ダンナちゃんが仕事辞めた時。

私が破水したとき、

ダンナちゃんの携帯には会社からの連絡がポンポンきてた。

 

それに対して、イライラしながら返信するダンナちゃん。

滅多にイライラしない旦那ちゃんの姿を見ながら陣痛を待ち、

出産を終えた。

 

病室にきてくれたダンナちゃんが、

「仕事辞めようと思うんだけど、、、いいかな?

これから産まれるって時に、連絡がたくさんくるって普通ありえないでしょ?

しかも、特に緊急でもないし、上司いるし、僕はまだ会社に入って3か月。

上司判断で何とかなるじゃん。

それなのに連絡してくるっておかしくない?」

 

ダンナちゃんが仕事辞めることについては、別に異論なし。

 

ダンナちゃんのキモチもすごくよくわかるし、

ダンナちゃんが無理して体壊す方が私は嫌だったから。

 

コドモが生まれるということがダンナちゃんにとっても

とても大事なことだっていうのも再確認できて、

私としてはとてもうれしかった。

 

仕事辞めてから、

通勤電車では吐き気をもよおすことや、

お弁当を食べるのもしんどかったことを教えてくれた。

 

そんなにしんどいならもっと早く相談してー!!

って思ったけど。

 

無理させちゃってごめんね。

 

それから、私たちのために頑張ってくれてありがとう。

 

いつも感謝でいっぱいです。

 

#ダンナが仕事を辞めた#産後に退職#ダンナは在宅ワーカー#鬱#ウツ#ダンナは鬱になりかけ#空気読めない職場

 

息詰まる育児

ちょうど産後1か月ちょっとくらいの時。

泣き止まないコドモと思い通りにいかない日々にイライラして

 

「わかってるってば!!」

 

と泣きながら怒鳴った。

 

そんなんで、コドモは泣き止まないし、

叩きたいなんて思わないし、

泣きながらオムツを変えてた。

 

頭ではわかってても、心と合わせて理解することは難しくて。

 

育児サイトを見ていてたどり着いた記事。

 

「泣いているのは今の時期だけ。

抱き癖はついて困るものではない。

だって、何十年って続く人生の中で、数か月~数年しか続かないんだから。

ハイハイするようになったり、歩けるようになれば、

【抱っこ】はどんどん減っていく。

幼稚園や小学校へ行くようになれば、

自分の友達ができて、自分たちだけで遊ぶようになって、

少しずつ離れていく。

それを考えたら『たった数か月』だよ。」

 

って。

 

泣いてる理由がわからないとき、それは困るけど、

【喋れない今だけ】って思うと、とても気はラクになった。

 

思い通りにいかないから楽しい恋愛の駆け引きと同じなのかも?

心に余裕を持てるように、

まわりを頼って育児しよー!

 

#育児中#育児奮闘中#周りに頼って育児#育児ノイローゼ#今だけ#赤ちゃんが泣く